1. ホーム
  2. C's Blog
  3. 2019年1月の記事一覧

C's Blog

C’s Labのスタッフたちが、業界のニュース、札幌の季節の様子など
日々のことを綴るブログです。

2019年1月の記事一覧

ブログ採用情報

2020年新卒採用 募集要項を公開しました。

2020年新卒向け募集要項を公開しました。

★シーズ・ラボ リクルートサイト → https://www.cslab.co.jp/recruit/
★シーズ・ラボ 2020年新卒採用募集要項 → https://www.cslab.co.jp/recruit/appli/index.html

また、募集要項のほか、会社説明会の日程も公開しています。

★2020年新卒採用 会社説明会 日程★

【第1回】 日時:2019年3月6日(水)14:00〜
【第2回】 日時:2019年3月22日(金) 14:00〜
【第3回】 日時:2019年4月2日(火) 14:00〜
【第4回】 日時:2019年4月17日(水) 14:00〜
【第5回】 日時:2019年5月8日(水) 14:00〜
【第6回】 日時:2019年5月22日(水) 14:00〜
【第7回】 日時:2019年6月5日(水) 14:00〜
【第8回】 日時:2019年6月26日(水) 14:00〜
【第9回】 日時:2019年7月3日(水) 14:00〜
【第10回】 日時:2019年7月24日(水) 14:00〜

2月28日までは、シーズ・ラボのページでのみ会社説明会の受付を行っています。
会社説明会のエントリーはこちらから → https://www.cslab.co.jp/recruit/form/?type=1

ポスター原画2015.jpg

ブログ

母校の好きなトコ紹介! Part5(北海道大学編)

シーズ・ラボの若手社員がお送りします「母校の好きなトコ紹介!」、さて最終日の本日は北海道大学からの話題です。

北海道大学OBのOさんからの紹介は・・・。

1.jpg

北海道大学構内の噴水の写真です。冬なのでお休み中なので露天風呂みたくなっていますが(笑)。

Oさん曰く「工学部の正面玄関前です。
夏期だけですが、写真中央にある噴水から水が出ます。試験終了時などの一息ついたときによく眺めていました。」

とのこと。

北海道大学の構内は自然豊かで本当によいところです。

さて、今日で新入社員による母校紹介が終了となりました。新人のみなさんも、あともう数か月で2019年度の新入社員が入ってくるワケで先輩になります。成長して、今回紹介したこの風景が少しまた違って見える日も近いのかもしれませんね。

ブログ

母校の好きなトコ紹介! Part4(北海道大学編)

シーズ・ラボの若手社員がお送りします「母校の好きなトコ紹介!」、さて本日は北海道大学からの話題です。

北海道大学OBのTさんからの紹介は・・・。

IMG00034.jpg北海道大学構内の庭です。小川も流れています。

Tさん曰く「春や夏にはきれいな芝生と木々が生い茂っているので、休憩するのにはおすすめの場所です。散歩がてらここまで来て、ゆっくりぼーっとしている時間が好きでした。」

とのこと。

写真では雪で真っ白ですが、春から秋には自然が綺麗な北海道大学の構内が楽しめますよ。

次回も北海道大学のご紹介です!お楽しみに!

ブログ

母校の好きなトコ紹介! Part3(北海道大学編)

シーズ・ラボの若手社員がお送りします「母校の好きなトコ紹介!」、さて本日は北海道大学からの話題です。

北海道大学OGのHさんからの紹介は・・・。

1.jpg

Hさんが所属していた北海道大学の研究室です。

Hさん曰く「これは私が大学院で多くの時間を過ごした研究室です。研究についての議論を先輩としたり、隣の研究室の研究員さんや後輩が来て、談笑したりして楽しく過ごしていました。」

とのこと。

この研究室でグローバルな活動をしていたHさん。研究室で話す内容もグローバルだったんでしょうね。

次回も北海道大学のご紹介です!お楽しみに!

ブログ

母校の好きなトコ紹介! Part2(室蘭工業大学編)

シーズ・ラボの若手社員がお送りします「母校の好きなトコ紹介!」、2日目の今日は室蘭工業大学からの話題です。

室蘭工業大学OBのYくんからの紹介は・・・。

1.jpg

Yくんが所属していた研究室の棟です。

Yくん曰く「僕が所属していた研究室が入っている棟(K棟)を通学時に使っていた階段の上から撮りました。

大学生活の半分はここで過ごしましたので思い入れのある場所です。見切れていますが写真左側には山が見えて、自然が感じられる場所でした。」

とのこと。

室蘭は、山もあり海もあり自然が豊かですが、工業地帯もあるというギャップ萌え(?)の都市です。冬は、結構冷え込みが厳しいですが雪が少なく、バイクに乗っている人を見たこともあります(郵便屋さんではなくて)。北海道でも地域で特色が違うので面白いですよね。

次回は北海道大学のご紹介です!お楽しみに!

ブログ

母校の好きなトコ紹介! Part1(北海学園大学編)

唐突に始まりましたがシーズ・ラボの若手社員がお送りします「母校の好きなトコ紹介!」、記念すべき第1回目は北海学園大学からの話題です。

北海学園大学OBのOくんからの紹介は・・・。

1.jpg

北海学園大学直結の地下鉄出入口の階段です。

Oくん曰く「北海学園大学直結の地下鉄出入口の階段です。

授業が終わり、仲間たちと全力でこの階段を駆け下りていました。地下鉄が来る時間がいつも絶妙で、走らなければ乗れず、走ったらギリギリ間に乗れます。今考えるとなんて迷惑な行為だったんでしょうかね...。」

とのこと。

学生の時は全力で走れても、社会人になると年々全力で走れなくなるその事実を、懐かしいより悲しく思うようになるのは内緒にしておきます。

次回は室蘭工業大学のご紹介です!お楽しみに!

International CES 2019ブログ

InternationalCES2019 5・6日目レポート!

少し時間が空いてしまいましたが、InternationalCESの最終レポートをお届けします!
ここまでは、アクシデントがない今回のInternationalCESの旅。最後まで何もなく終了となるのでしょうか?

-------------------------------------------

CES4日目の最終日、我々は帰国の途に就きます。
ラスベガスを朝早くに発ち、日本には翌日の午後15時ごろに到着する予定です。

01.jpg
02.jpg

予約していたSuperShuttleも予定の5分前には到着して、今年はトラブルらしいトラブルは全く起きないようです。

03.jpg

マッカラン国際空港のターミナル3に到着。まだ6時前です。
外はまだ真っ暗で街のほうはネオンの明かりが煌々としています。
さらばラスベガス。(なかなか来る機会はないと思いますが、)また会う日まで。

04.jpg

搭乗手続きも終わって、荷物も預け終わりました。
後はセキュリティゲートを通って、D55ゲートに向かうのみ。
若干2名ほどが首等の痛みを訴えていますが、ひとまずロサンゼルス国際空港へ。

05.jpg

少し離陸まで待たされた気がしますが、あっという間にロサンゼルス国際空港に到着。
ここから、11時間程の空の旅が待っています。もうひと踏ん張り頑張りましょう。

旅のお供、スマホを片手に成田行きの便の搭乗開始を待つAさん。
06.jpg

残念ながら、行きも帰りも真ん中の座席だった筆者でしたが、通路側は通路側でトラブルが起きることがあるようで・・・。
隣の席がCsLab社員ではない人だったのですが、ちょうど機内食を下げている時にCAさんが押していたワゴンが隣の席の人の膝に激突したらしく、かなり痛そうでした。通路に足がはみ出していたのでしょうか。
申し訳ないですが、自分たちに降りかかった災難でなくて本当に良かったです。
(今後はこういうこともあると心に留めておくことにします・・・。)

そして、無事に成田空港に到着。
あとは税関を抜けて入国審査だけですが、いつの間にやら成田の入国審査場には「顔認証ゲート」なるものが置かれ、恒例のパスポートにスタンプを押す手間は不要になっていたんですね。知らなかった・・・。
(希望すれば、スタンプは近くの係員の方が押してくれるようです。)

07.jpg

成田の到着ロビーに出て、筆者の飛行機の旅はこれで終了です。
ちなみに、札幌組の方々は最後の成田-新千歳の便を待つので、ここでお別れです。
気を付けて帰ってくださいね。
(なお、21時過ぎに札幌組から無事に家に到着したとの連絡がありました。)

08.jpg

我々の2019年CES視察のレポートは以上となります。
皆さんお疲れ様でした!(本当に何もトラブルなく終わってよかった)

International CES 2019ブログ

InternationalCES2019 4日目レポート!

さぁ、2019年のCES現地レポートも佳境に入ってきました。
今日はTech East会場のご紹介です!

------------------------------------------

CES3日目、今日もラスベガスはいい天気です。
いよいよ我々の視察は最終日となりました。(CES自体は1/11まで開催されています)

本日はこれまで回っていたTech East会場で、
これまでに見逃していたであろうブースを拾い上げていく形で回っていきます。

■Tech East会場
●Central Plaza
・Google
やはり人気ですね。朝の開場直後でもあっというまに行列です。
というわけで時間もないので、ここはパスします。
00.jpg

●Westgate Las Vegas
・Karamba Security
ECUに組み込むセキュリティソフトのデモが展示されていました。
ECUがハッキングを受けた際の自動車の挙動がラジコンカーを使って再現されており、
ハッキング受けているかどうかも遠隔でチェックできるそうです。
なお、アルパインにも技術提供しているとのことでした。

01.jpg
02.jpg

※ECU:自動車に搭載される様々なシステムを制御している装置。
     ここで特に運転中に異常が発生すると、致命的な問題になりかねません。

・T-Mobile Tech Experience Truck
北米やヨーロッパでモバイル通信サービスを提供している会社。
ここでは、主に5Gのメリットを体験できるような展示やデモが行われていました。

03.jpg

上の写真は、リアルタイムの映像がモバイル通信を介して身に付けたVRゴーグルに表示されている状態で、目の前で光っているボタンを押すというゲームを行っている様子。
通信が3Gや4Gの状態では、タイムラグが発生してタイミングよくボタンが押せませんが、5Gになるとほぼリアルタイムの映像が目の前に表示されて、問題なくボタンが押せたそうです。
(私が体験した時はデモがうまく動作せず、せっかくの5Gになった瞬間に目の前が真っ暗になって、ただ慌てふためいて終わるという結果に終わりました・・・。)

・トヨタ紡織
自動運転レベル4を想定した車室空間モデルということで、シートで生体情報を感知し、
カメラと組み合わせて乗っている人の喜怒哀楽を推定して、状況に応じて香りで五感を刺激する
というデモが行われていました。

04.jpg

●North Hall
このホールは1日目にほとんど見てしまっていたので、この日はスルーしました。
どんどん南下していきます。

●Central Hall
このホールも同じくこの日はスルーしましたが、前日までのレポートにもある通り、
家電メーカー等の大きめなブースが多いホールでした。
ダイジェスト的にこの日までに見た写真を以下に挙げていきます。

・SONY
このCESで初披露の8Kテレビや4Kテレビが展示されていました。
その他に「360 Reality Audio」という全方位からの音に包まれるデモを行っていました。
(残念ながら、行列のために体験することは叶わず。)

05.jpg
06.jpg

・SAMSUNG
こちらでも8Kテレビや車載が展示していましたが、その他に「Samsung Bot」というロボットが展示されていました。
健康や空気を管理をするロボット、小売り向けにウェアラブル向けという4種類があるようです。

07.jpg08.jpg

・LG
LGは巻き取り式の有機ELテレビを展示していました。
(静止画の写真では分かりにくいですが、ディスプレイがせり上がったり引っ込んだりしていました。)
また、ブースの入り口で大自然の滝を曲がったOLEDに移した展示も行っていて、すごく目立っていました。

09.jpg
10.jpg11.jpg

●Central Hall~South Hall
・YAMAHA
自動運転車「Public Personal Mobility」(PPM)の試乗体験をしました。
事前に登録した顔を認識して、AI車掌が出発を判断します。

12.jpg

(前日のレポートに顔認識中の写真が載っていましたが、)何故かSさんのニックネームが
何度入力し直してもうまく登録されなかったのは謎。

13.jpg

この自動運転車は、搭乗する人をAI車掌が顔認証し、その人たちが特定のジェスチャーをすることで
走行開始(サムズアップ)、走行停止(手をかざす)することができます。

14.jpg15.jpg

●South Hall
このホールではAR/VRやIoT、AIの展示が主でした。
ブースの数が多いので駆け足で回りましたが、じっくり見てしまうとここだけで1日使ってしまうかも知れません。

・Dof Robotik San A.S.
VRを使ったシミュレーションライド
16.jpg

・Segway Inc.
乗ることができるロボット「Loomo」と新たに今年は配達ロボット「Loomo Delivery」を展示。
17.jpg18.jpg

・その他
とにかく、AI=ロボットといった感じで多種多様なロボットの展示が多かったです。
あとは目新しい変化は無いように見えましたがドローンの実物やドローンの操作シミュレータ等も展示されていました。
19.jpg


●Platium Lot
Self-Driving Technologyのゾーンとあったため訪れてみましたが、招待客のみのところがほどんどで不発。
唯一IBMのブースは入れるようでしたが、かなり人が並んでいたため断念。
20.jpg

■Tech West会場
●Sands Expo
少し足をのばしてこちらの会場にも来てみましたが、とにかく数が多いのと視察も終盤だったため、
特に興味を引くブースを見つけることはできませんでした。

大まかには以下のようなブースで構成されていました。

・2F:スマートホーム、フィットネスなど、Tech Eastに入らなかったブース。(小さめな出展が多い)
・1F:Eureka Parkというスタートアップ企業が終結したブース。

---
最後に、1日目に訪問していたALPS/ALPINEのブースを紹介して締めたいと思います。

21.jpg

ナビやオーディオの展示もありましたが、今回は主に「Touch Input Module」と
「RF Positioning Module」が展示されていました。

22.jpgアルプス電気の持つ静電容量技術、フォースフィードバック技術と、アルパインのディスプレイ操作技術(GUI)を組み合わせ、指先にスイッチを押したような操作感触を再現できるというもの。

23.jpg高周波の無線を使って車とドライバー間の距離を測定することができるモジュール。
アルパインで行われたドローンの室内測位テストの模様がビデオ上映されていました。

なお、前者は実物が一般公開セクションに展示されていましたが、後者については実物見られず、パネルとビデオ映像での説明のみでした。
(非公開セクションに展示されていたそうですが、残念ながら我々は入ることはできず。)

---

かなり駆け足になりましたが、以上で今年のCES視察が終了しました。

数年前から、CESは「Consumer Electronics Show」とは紹介されなくなっている通り、現在のCESは、家電の見本市ではなく、自動運転やそれに関する技術、スマートシティやAI/IoTといった「多様な技術の展示イベント」というのが正しいものになっていると感じました。

このトレンドはまだしばらく続くものと思われますが、この流れに置いていかれないよう、継続してアンテナを張りつつ、情報収集や学習に取り組んでいきたいと思います。

---

最後に、お楽しみの本日のディナーですが、
この日ラスベガスにやって来られたCsLabの顧問の方々と楽しく会食でした。

24.jpg

美味しいステーキをがっつり食べて、帰国のためのエネルギーを再チャージ。
明日は最終日。気を付けて帰ります!!

------------------------------------------------------------------
次回はいよいよ帰国編になります。最後までお楽しみに!

International CES 2019ブログ

International CES 2019 3日目レポート!

子供向け冬休みIT教室や連休とイベント続きで、レポートの間隔が空いてしまってすいません!
International CES 2019の3日目レポートをお届けしたいと思います!

-------------------------------------------------

おはようございます。ラスベガスに到着してから三日目、CES二日目となります。
今年のCESの会場全体を大雑把に表すと以下のような感じでした。

〇Tech East会場
・South Hall --- AR/VR、ドローン、ロボット、AI関連
・Central Hall --- ALPSALPINE、SONY、Samsung等
・North Hall --- 自動車関連
・その他の施設

〇Tech West会場
・割愛

〇Tech South会場
・割愛

前回はNorth Hallの一部をレポートしましたが今日はSouth Hallを紹介したいと思います。
North Hallは大企業のブースが大半でしたが、South Hallは大小さまざまなブースがあり見応えがありました。

# South Hall入口

入口付近はゲーム関連の出展が集まっており、個人的には気になりましたがスルー。

image001.jpg

# オムロン社

卓球ロボットは去年に引き続き展示されていました。

image003.jpg

# YAMAHA / YAMAHA発動機 社

AI Pianoをプレゼンテーションしておりました。
これはAIが空気を読んで、人間の演奏に対して伴奏したり、ミスをカバーして良い演奏に変えてくれるものです。
ピアノの練習のモチベーションはあがりそうです。(画像ではピンとこないと思います。すいません。)

image005.jpg

他には低速のカートを利用した自動運転のデモを行っておりました。
カートには事前に顔写真を登録した人のみが乗車できます。基本は自動運転ですが、顔を認識した人の手の動きで進行/停止などが出来ます。

image012.jpg

image006.jpg

# Deere & Company

会場に超巨大なコンバインが展示されていたので、農家の血を引くものとしては気になり色々質問してきました。
メインは農作業の無人自動化の展示でした。
北海道でも実用化のための研究が盛んですが、こちらは既に実用化されているとの事。

image007.jpg

# Horizon Robotics

展示内容は幅広いですが他の会社と比較して大きな差は見られなかったです。
ただし会社の設立が2015年だそうです。中国は企業の成長速度が相変わらず凄いです。
余談ですが、この会社以外にもSouth Hallは中国の企業の展示が非常に多い印象を持ちました。

image008.jpg

#CyberLink

顔認識と年齢と感情の推測をデモしておりました。
画像は自分の年齢が高めに表示されていて悲しんでいる時の図。顔認識の精度は高いそうですが、感情の精度は??

image021.jpg

#その他

今日のディナーは麺類メイン。
連日の肉料理で疲労した胃を休めようとしたのですが、効果は??
料理は大変美味しかったです。

image009.jpg

以上となります。

写真がうまく撮れてなかったかもしれません。明日はばえる写真とともにSさんがレポートしてくれると思います。
ではまた明日。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ