1. ホーム
  2. C's Blog
  3. 2020年7月の記事一覧

C's Blog

C’s Labのスタッフたちが、業界のニュース、札幌の季節の様子など
日々のことを綴るブログです。

2020年7月の記事一覧

ブログ

円山動物園に行って参りました! ~後編~

円山動物園に行って参りました! ~前編~ に続いて後編です!

取材の途中に小雨が降りだし、やむをえず展望レストハウスに入り、少しの間雨宿りしていました...(;^ω^)
この展望所では、ニホンザルを一望できます!

P1080912.jpg

この日のサルたちはおとなしく、写真からお分かりの通りソーシャルディスタンス?を保ちつつ、仲間で戯れたり動き回ることはありませんでした。。。
コロナウイルスの波を察して、三密を避けているのでしょうか??笑

こちらはシンリンオオカミ。

P1080827.jpgP1080919.jpg


シンリンオオカミは、オオカミの亜種の中では最も体が大きい部類に入るそうです。
勇ましい風貌をしており、悠然と歩き回っていました。

続いてホッキョクグマ。

P1080838.jpgP1080847.jpgP1080866.jpg

広報担当者が以前訪れたときは、ずっと寝そべって微動だにしていませんでしたが、今回は元気に動き回っており、近くで見ていて迫力がありました!

後々知った話ですが、クマもオオカミも同じネコ目に分類されるそうです。
ネコ目は"食肉目"とも言われ、主に肉を食べる動物を指すとのことでした。
そのため、犬やアザラシもネコ目に分類されるため、ひとえに"ネコ目"と言えども、多種多様な動物が属されます。

続きまして、昨年の3月にオープンしたゾウ舎を紹介します。
ゾウ舎には4頭のアジアゾウが飼育されており、屋内・屋外非常に広々としています。

P1080746.jpgP1080753.jpgP1080784.jpgP1080766.jpgP1080750.jpgP1080764.jpg

屋内にはパネルや展示物がたくさん飾られています。
パネルにはゾウの特徴や習性が書かれてあり、楽しく知識を深めることができます!

P1080771.jpgP1080920.jpgP1080921.jpgP1080922.jpg


ほかにもたくさんの動物たちを見て回りました!

シマウマ
P1080907.jpg

フンボルトペンギン
P1080878.jpg

マンドリル
P1080809.jpg

カバ
P1080693.jpg

もっと長居して写真を撮りたかったと、後ろ髪を引かれる思いで動物園を後にしました。。。笑

札幌もだんだんと暑くなり始めてきているので、円山動物園に足を運ぶ際はコロナウイルスだけでなく、熱中症対策にも十分に心がけてください!!
動物が元気に動き回っているかどうかは、動物次第でございますが...(;^ω^)

最後になりますが、ゾウがボールで遊んでいた様子もご覧ください!
器用に鼻や足を使ってボールを蹴っていました!(*ノωノ)

ブログ

円山動物園に行って参りました! ~前編~

4月14日からコロナウイルス感染症の拡大防止のため、休園していた円山動物園でしたが、7月1日より全ての屋内施設が開館されました。
ということで、今回は円山動物園に足を運び、その園内の様子を見てきました!
広報担当者が円山動物園に出向くのはこれが2回目でした(初めて行ったのは去年の春頃プライベートで)。

早速現地に向かう道中、アジサイが綺麗に咲いていたので思わず撮影笑

P1080560.jpgP1080562.jpg

そして到着!心をはずませながら入園しました!入園前のアルコール消毒も念入りに。

P1080582.jpg

入園してすぐ、動物とのソーシャルディスタンスを促す掲示に目が留まりました。
お客さんと動物の安全を守る配慮が早くもみられました。

P1080584.jpg

また、動物との近い距離で観覧する場所には"マスクゾーン"と記されており、ここではマスクの着用が必須になります。

P1080846.jpg

まず、はじめに見た動物はカンガルー!

P1080612.jpgP1080616.jpg

カンガルーの顔も可愛らしいですが、個人的にはピョンピョン飛び跳ねている姿も愛嬌があって好きです!(*ノωノ)
今回はその様子が見られなくてちょっと残念。。。

続いてこちらが百獣の王ことライオン、ハイエナ、トラの肉食動物たちの様子。

P1080676.jpg
P1080678.jpgP1080695.jpg

ライオンに至っては葉っぱが顔にかぶって見られませんでした。どれも微動だにせず。。。
長時間の昼寝をしているご様子でした笑

こちらは体長1.5mほどのどっしりとした体形のヒマラヤグマ。

P1080707.jpgP1080712.jpg

顔はこちらに向けてくれませんでしたが、水辺でボールと戯れている様子が大型動物ながら可愛らしかったです!

一方こちらはキリン館。

P1080638.jpg

1頭のキリン(名前:テンスケ、性別:♂)が飼育されています。

P1080650.jpg

お腹が空いていたのか、長い舌を伸ばしながら雑草を食べようとしていました笑
それエサじゃないよね??("゚д゚)

20200716_141805_345.jpg

後日更新予定の後編では、昨年3月にオープンしたゾウ舎を中心に、今回紹介し切れなかった動物たちの様子をお伝えしようと思います!
前編はぐったりとしていた動物ばかりの紹介になってしまいました...(;^ω^)


最後になりますが、別の時間にもう一度キリンを見に行ったところ、タイミング良くご飯の時間だったようでその様子を動画でお届します!
先ほど野草を食べていたせいで食欲があまり無かったのか、今度はエサをポロポロこぼしていました(;^ω^)
後編もまたお楽しみに!



ブログ

新人さん 研修頑張っています!!


一斉テレワークが続いていたシーズ・ラボでしたが、北海道内のコロナウイルス感染が終息しつつあり、札幌本社では7月から出社する社員も増えてきました。
そのような状況の中、新人さんも一斉に出社し、カーナビの実機を用いた研修を先日取り組んでいました!
今年度が始まって3ヵ月が過ぎましたが、例年とは異なり、この時期に実機を用いた新人研修を実施するのは新しい試みだったため、実際に体験した新人さん7名にその所感を聞いてみました!(^▽^)
※開発中の製品の実機研修のため、写真は一部加工してあります。

Kくん
作成済みのテスト項目に沿ってテストをしました。少しの修正でも膨大なテストの量があることに驚きました。実機を操作可能にするまでのビルドの工程とかが手順通りに進めてはいましたが、不安を感じながら進めていました。

Hさん
実機を使った研修では主にリストに沿って製品評価を行いました。実機を動かして、評価リストに書かれていることが実際にモニターで確かめられるところが面白いと思いました。

1.png

Sくん
そもそもカーナビに対して興味深いということで、本物を触ることは前からずっと楽しみにしていました。
今回の実習のおかげで、カーナビの動きと仕組みに対する理解が深め、いろんなことが勉強できて、良かったと思います。
これから、カーナビに関する知識をもっと勉強し、身に付けていきたいと思っています。

N.Kくん
実機について研修中に触れる機会が与えられるとは最初に思わず、とても嬉しかったです。研修では実機の製品評価として、リストに従い評価を行いました。実機特有の操作方法で行ったのでとても新鮮で楽しかったです。
3.png


N.Hくん
実際の開発の流れに沿った製品評価ということで実機を触りました。
今までの研修では実機に触っていなかったというのと、むき出しになった実機はみたことの無い状態だったのでとても新鮮でした。
これに携わる機会があれば、設定を変えていじってみたいと思いました。
評価リストに関しては、ここまで数が多いのかと圧倒されましたが、内容をみると確かに必要な確認だろうと納得できるものでした。

Iくん
ナビの実機検証では、チェックリストに沿って動作テストを行いました。
実際に実機を触ってテストを行うのは、久しぶりの出社もあってか新鮮な気持ちで楽しく研修を行うことができました。

Mくん
カーナビのテスト用の機械を見る機会がなかったので、とても良い経験になりました。
また、製品として売り出すものの結合テストを仕様書に基づいて体験できたので、開発の流れの一旦を感じることができました。
2.png


以上が新人さんの所感です。
今回の実機研修を行うまでは、リモートによるプログラミング研修や講義が中心であったため、久しぶりに新人さん同士で顔を合わせられたのも良かったことだと思います。
また、実機の動作や昨日を実際に確認することによって、研修後の業務へのイメージも多少つかめられたのではないでしょうか?

新人研修はまだ続きますが、好奇心を持って今後も取り組んでいただきたいと思います!
広報担当者も陰ながら応援しています!!(n*´ω`*n)

ブログ

新人さんを紹介します!Part7

今年の新人さんの紹介ブログも最後になりました。
トリを飾るのは公立はこだて未来大学OBのMくんです!

Q1.改めて出身校を教えてください。

公立はこだて未来大学 システム情報科学部 複雑系知能学科 知能システムコースです。



Q2.シーズ・ラボの入社を決意した決め手は何ですか?

北海道で就職したかったので札幌に本社があることと、地図を眺めているのが好きなのでそれに関わることを行っていること、研究開発も行っているということで、勤務と業務に魅力を感じたからです。

Q3.学生時代はプログラミングやシステム開発の経験はありますか?また、経験したことのあるプログラミング言語を教えてください。

高校生の頃からプログラミングに触れ始めて、大学ではハッカソンに参加するなど、プログラムを用いてなにかを作ることを楽しんでいました。Pythonをよく使っていました。

※ハッカソン:エンジニア、デザイナーなどでチームを組み、与えられたテーマに対し、技術やアイディアを持ち寄り、短期間に集中してシステムやアプリケーションなどを開発し成果を競うチーム開発イベントの一種。

貴重なハッカソンの経験を今後の業務にもぜひ活かしてほしいです!!

Q4.大学時代に所属していたサークルは何ですか?

入学式や卒業式の運営を補助する放送局に入っていました。何度も運営したのに自分の卒業式は中止になりました。

コロナの影響ですね...
運営お疲れ様でした(;^ω^)

Q5.学生時代に夢中になっていたことや思い出話をお聞かせください。

ものづくりをよくやっていました。2つの顔の画像の類似度を求めるAPIを使って変顔類似度ゲームを作成したり、排便時間を記録して、その時間で移動できる距離を地図に表示するシステムを作成したりしていました。こういうものを作るときに、アイデアがパッと思いついたときと、それを一緒に作る人に説明するときが非常に楽しかったです。

ものづくりをここまで夢中になれる人は希少だと思いますし、技術に特化したエンジニアになってくれると期待しております!
変顔類似ゲームは遊んでみたい。。。

Q6.趣味や特技を教えてください。

戦闘機が好きなので、函館からそれなりに近い三沢基地の航空祭に行っていました。他にも、水族館でのんびり魚を見たり、グーグルマップで適当なところを眺めて、気になったものがあったらそれを調べたりしています。

三沢航空祭で撮影した写真
IMG_0353.jpg
Mくんの近所の空港で撮影した写真
IMG_5207.jpg

航空機愛が強く伝わってくる写真です!
こういう"映える写真"いつの日か撮ってみたいものです(*ノωノ)

Q7.外出自粛中の休日の過ごし方を教えてください。

寝て起きてゲームしたり、家の近くの空港で飛行機を撮ったり散歩したりしています。自粛前からこんな生活です。

Q8.現在、コロナの影響でリモート研修を行っていますが、その感想をぜひお聞かせください。

通勤時間が無いことで、自由に使える時間が2時間くらい増えるので、出社していたときよりも睡眠時間が増えたり、趣味に使う時間が増えたので、リモート研修を楽しんでいます。ただ、まだ部屋が暑くならない時期なので快適ですが、真夏になるとクーラーがある会社に行きたくなるかもしれません。

Q9.最後に今後の意気込み等ひとことどうぞ!

まだ研修中ですが、部署に配属されてからも楽しく仕事ができるように様々な技術を身に着けようと思います。



新人インタビューは以上になります。
今年入社の新人さんも個性溢れる顔ぶれになりました!シーズ・ラボの社員は良い意味で個性の強い方が多いと思います笑
その分、個人の特化した能力は多種多様であり、語学力のある人、プログラミングが得意な人、マネジメント能力の高い人等様々です。各々の個性や強みを尊重し、一つのチームとなることでより良いシステムや製品、サービスが提供できると、社会人歴のまだ浅い広報担当者は日々感じております。新人さんが今後どのように活躍してくれるのか非常に楽しみです!!
広報担当者も負けずに業務頑張ります!

Mくん、インタビューのご協力ありがとうございました!!

1

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリ