1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 社長挨拶/経営方針

社長挨拶/経営方針

社長挨拶

シーズ・ラボは1991年 北海道・札幌で産声を上げ、皆様のおかげで2021年に創業30年を迎える事が出来ました。

その間、世の中のソフトウェア技術は常に進歩を遂げてきました。
シーズ・ラボは創業以来一貫して「位置情報技術」を得意分野とし、磨きをかけ続け、今では業界トップクラスの技術力としてお客様からも高い評価を頂いております。

世界の「移動=Mobility」環境は、CASE(車のコネクテッド化/自動運転/シェアリング/電動化)や「安心/安全」への潮流など大きな変化を遂げつつあります。
シーズ・ラボではAI,Cloud,IoTなどの「先端ソフトウェア技術」と「位置情報技術」の組合せにより、新たなモビリティ社会におけるミライを創造するソフトウェア開発に取り組んでいます。

2019年より、電子部品・車載情報機器事業の大手企業、アルプスアルパイン株式会社の完全子会社となりました。ビジネス環境の変化に対応すべく意思決定のスピードを加速しながら、経営の安定性/安全性を向上させるとともに、同社との共同開発・受託開発の活動をより多様化・深耕化しています。
日々、トライアンドエラーを繰り返し、新たなイノベーションに真摯に向き合いミライを創造できるのは、新しいことへのチャレンジができる環境や安心して働ける雰囲気、ハイパフォーマンスを生み出すチームが必要だと考えています。

【人】こそがシーズ・ラボの資産と考えています。だからこそ、職場環境改善には全力で取り組んでいます。例えば、昨今の労働環境のダイバーシティへの対応として、【テレワーク勤務】【フレックスタイム制】の導入、社員の生の声を聞き取り環境改善へ繋げるなど、「働きやすい+やりがい=働きがいのある会社」を実現するために日々取り組んでいます。

会社の成長、市場価値の向上、より一層の社会貢献、地域貢献など、すべてのステップアップの根底には【人】の支えが必須です。会社とは、社長が作るものでも、役員が作るものでもありません。シーズ・ラボを必要としてくださるお客様をはじめ、社員ひとりひとりの意識と多くの関係している方々によって、作り上げられるものです。

シーズ・ラボの「C」は「Creative(創造)」「Courageous(勇気)」「Challenging(挑戦)」。
勇気を持って挑戦し新しいことを創造していける、熱いココロザシを持つ仲間を待っています。
私たちシーズ・ラボと一緒に、世界という大きなフィールドでミライへ技術の種(シーズ)を撒きましょう!

経営方針

企業理念

  • 地域に貢献するソフトウェア開発技術者集団を目指します。
  • 全国に、そして、世界に役立つ得意技術を持ったスペシャリスト集団を目指します。
  • 21世紀の国際社会にふさわしい、心豊かな人間集団を目指します。

品質方針

当社は、新たなモビリティー社会に向けて、先端ソフトウェア技術と「位置情報技術」で、「自由に移動できる喜びと楽しみ」に貢献するソフトウェアを提供してまいります。
当社は、それにふさわしい品質のソフトウェアを開発し、またお客様にご満足いただくために、以下の方針で品質向上を目指します。

  • 顧客ニーズを的確に理解し、最適なソリューションを提案します
  • 未来ニーズを見据えた知見・技術の獲得に挑戦し続けます
  • 組織的なプロセス改善に取り組み品質の底上げにより顧客の信頼向上に努めます

2021年4月1日
株式会社シーズ・ラボ 代表取締役社長 市川 茂