1. ホーム
  2. 事業内容

事業内容

付加価値のあるサービスを次世代のモバイルメディアに。
シーズ・ラボは、世界中のあらゆる道と人を繋ぐ未来の技術に、日々チャレンジしています。

1991年2月、シーズ・ラボはソフトウェア開発の企業として札幌でスタートしました。創業当初に電子地図に関するソフトウェアの開発を手がけて以来、シーズ・ラボは日本の「道」、そして世界の「道」と共に歩んできました。
様々に変化、高度化するお客様の要望に対応していく中で、私たちは3Dコンピュータグラフィックスや膨大かつ複雑なデータの編集処理、RDBMSを活用したシステム開発などを経験し、常に新しい技術への挑戦を行いながら次世代の技術開発に取り組んでまいりました。
現在のシーズ・ラボは蓄積されたこれらの技術を背景に、カーナビゲーション向けのデータベース開発やナビゲーションシステムの開発、さらにスマートフォン向けナビアプリ開発、クラウドサーバの開発など次世代のモバイル端末に対し、日々技術力向上に取り組んでいます。

アルパイン株式会社ショールーム
アルパイン株式会社ショールーム

2006年カーナビの分野で世界的企業のアルパイン株式会社と資本業務提携を締結。
現在、シーズ・ラボの業務もグローバル展開となり、データ開発対象国は北米・欧米を中心とした世界70カ国以上、更に拡大を続けています。
今後は、これまでに培った技術力とノウハウで、ドライバーズアシストなど、モバイル端末利用者に安全で最適なインターフェースの提供を目指し、モバイルメディアの新しいサービス、更なる進化に貢献していきます。
未来を拓くソフトウェア開発と世界の道と人を繋ぐサービスを提供していきます。

携帯端末/スマートフォンに搭載するナビゲーションソフト開発

カーナビの基本機能、付加機能の開発

地図描画/経路探索/案内/目的地検索/自車位置制御/渋滞情報表示/通信 / 他端末・他情報との連携などの機能開発を行っています。また、Android、iPhoneなどの最新のモバイル環境に対応しています。

カーナビゲーション用地図データベース開発

カーナビ用データベース作成に必要なシステムの開発

ナビデータベース作成システム/製品固有データ編集・管理システム/検証・評価システムなど、カーナビデータ作成に必要な各種システム開発を行っています。

カーナビ用データベース作成システムの運用

開発したシステムを運用して、データベース作成/製品固有データのメンテナンスと管理/3Dコンテンツ作成/データの検証・評価など、デジタル地図データからナビDBを作成するシステムの運用を行っています。

カーナビ用データベースの対象地域は、世界中に広がっています。

カーナビゲーション用アプリケーション開発

カーナビの基本機能、付加機能の開発

地図描画/案内/目的地検索/自車位置制御/通信などのカーナビの各種機能開発を行っています。

アルバイン株式会社 新型ビッグXプレミアムシリーズ (写真提供:アルバイン株式会社)
アルバイン株式会社
新型ビッグXプレミアムシリーズ
(写真提供:アルバイン株式会社)
アルバイン株式会社
        ビッグXプレミアム
        日本自動車新聞 用品大賞2014 大賞受賞
アルバイン株式会社
ビッグXプレミアム
日本自動車新聞 用品大賞2014
大賞受賞
アルバイン株式会社
        INE-S900R(欧州モデル)
アルバイン株式会社
INE-S900R(欧州モデル)

株式会社シーズ・ラボ 特許出願状況

【特願2005-060304号】三次元地図表示装置および三次元地図表示プログラム
【特願2005-060298号】沿線目標物表示装置および沿線目標物表示プログラム
【特願2005-060286号】地図表示方法、地図表示プログラムおよび地図表示装置

「iPhone」はApple Incの登録商標です。
「Android」は、Google Inc.の登録商標です。